【解説】いよいよ開催!これだけで全てわかる!G20大阪サミットとは

【解説】いよいよ開催!これだけで全てわかる!G20大阪サミットとは

いよいよ2019年6月28日よりG20大阪サミットが開催されます。
メディアでも大きく報じられている今回のサミットですが、G20サミットについてこれだけ読めば全て分かる!記事をまとめてみました!

G20サミットとは?

G20(Group of Twenty)とは正式名称を「金融・世界経済に関する首脳会合」といいます。
リーマンショックによる経済・金融危機に対処をするため、2008年11月にワシントンDCにて第1回G20サミットが開催されました。

現在では年1回、いずれかの参加メンバー国内にて行われています。
(2010年までは年2回、開催されていました。)

そもそもサミットとは?

サミットという言葉については、英語の「山頂・頂上」を意味する”summit”に由来しており、意味通り首脳会議を意味しています。

G20大阪サミットの概要

2019年は初めて日本でG20サミットが開催されることとなり、
「G20大阪サミット」と呼ばれています。
例年、開催地となったメンバー国は12月から翌年11月まで、G20議長国となります。

期間・会場

2019年6月28日、29日の2日間、
大阪国際見本市会場(インテックス大阪)にて開催されます。

G20大阪サミットの参加国は?

G20のメンバー国は以下の通りです。

  • アルゼンチン
  • オーストラリア
  • ブラジル
  • カナダ
  • 中国
  • フランス
  • ドイツ
  • インド
  • インドネシア
  • イタリア
  • 日本
  • メキシコ
  • 韓国
  • 南アフリカ共和国
  • ロシア
  • サウジアラビア
  • トルコ
  • 英国
  • 米国
  • 欧州連合(EU)

メンバー国の合計GDPが、世界のGDPの内の約85%を占めており、
大きな影響力のある会議であるとされています。

またG20大阪サミットでは上記のメンバー国に加え、
招待国・国際機関として以下の国・機関が参加します。

  • オランダ
  • シンガポール
  • スペイン
  • ベトナム
  • ASEAN議長国(タイ)
  • AU議長国(エジプト)
  • チリ(APEC議長国)
  • セネガル(NEPAD議長国)
  • 国連(UN)
  • 国際通貨基金(IMF)
  • 世界銀行
  • 世界貿易機関(WTO)
  • 国際労働機関(ILO)
  • 金融安定理事会(FSB)
  • 経済協力開発機構(OECD)
  • アジア開発銀行(ADB)
  • 世界保健機関(WHO)

議論のテーマは?

G20大阪サミットの主要テーマは以下の8つとされています。

・世界経済

・貿易・投資

・イノベーション

・環境・エネルギー

・雇用

・女性のエンパワーメント

・開発

・保険

主要テーマ | サミット情報 | G20大阪サミット2019
https://www.g20.org/jp/summit/theme/

上記の通り、非常に幅広いテーマについて議論が行われます。
以前は経済や貿易についての議論が主となっていましたが、近年では開発、気候変動・エネルギー、保健、テロ対策、移民・難民問題等の課題についても議論がされています。

議論の内容として世界経済については、
持続可能で包摂的な成長の実現のための基盤づくりを目指した内容となっており、
イノベーションについては、
イノベーションがどのように経済成長や生産性の向上に寄与するかについての内容となっています。
どの議題も包摂性のある持続可能な世界を実現することを目的としています。

ところでG7とは?

G20と同じく年1回開催されている国際会議として、G7(Group of Seven)があります。
これは正式名称を「主要国首脳会議」といい、G20よりも少ない7ヶ国の首脳が集まり開催されます。

G7のメンバー国は以下の通りです。

  • フランス
  • 米国
  • 英国
  • ドイツ
  • 日本
  • イタリア
  • カナダ

G20はG7のメンバー国に13ヶ国が加わり行われておりますので、
上記7ヶ国はもちろんG20のメンバー国となっています。

G7の議題は?

G7の議題について、2018年に開催されたG7シャルルポワ・サミットを参考にまとめてみました。

  • 世界経済
  • 貿易
  • イノベーション・雇用
  • 外交・安全保障
  • ジェンダー平等
  • 気候変動・エネルギー
  • 海洋(アウトリーチ)

このようにG7においてもG20と同じく持続可能な世界を実現することを目標に掲げた議題についての話し合いが行われています。

G7とG20の違いは?

ではG20にも参加する7ヶ国が集まり、G20と同じような議題について議論するというG7ですが、G20と何が違うのでしょうか。

これについて解説するにあたってはG20発足の経緯が関わってきます。

G20は上段でも述べた通り、リーマンショックによる経済・金融危機に対処をするために2008年11月に第1回が開催されました。
G7についてはこれ以前にも開催がされていましたが、先進国だけではリーマンショックによる経済・金融危機に対応できないとしてG20が開催されたのです。

上記の経緯からG7及びG20は現在に至るまで開催されていますが、G20は世界への大きな影響力を持つ一方、一部では以下のような問題があるとされています。

  • メンバー国間の複雑な国交関係が存在する
  • 各国の思惑により議論の収集がつきにくい

あれ?G8って?

G7と言われると、以前はG8だったのに変わったの?
という方もいると思いますので説明します。

現在のG7は2014年6月以前の8ヶ国から、
“ロシア”を除いた7ヶ国で開催されています。

これはロシアの「ウクライナへの軍事介入やクリミア半島掌握」などの行動を非難したG7の首脳国がロシアのG8への参加を停止したことによります。

大阪以降の開催予定

G20大阪サミット以降の開催予定についてですが、

2020年はアラブ諸国で初めてとなるサウジアラビアの首都リヤドにて開催される予定です!